バイクでETCレーンを通過する時、ゲートバーが開かないケースがあります。こんな時はどうするべきなのでしょう。急な事態で慌ててしまうものですが、まずは冷静に対処することが必要です。ゲートバーが開かない時の対処法を把握すると同時に、違法なETCの取り付けが原因になることも知っておきましょう。

ETC利用時の基本

まずはバイクでETCを利用する際の基本的ルールを確認しておきましょう。ドライバーの方なら当たり前ではありますが、安全のためにも改めて確認しておくことが大切です。

ETCを利用する時は十分な車間距離をとり、追突したり追突されたりする事態を防止しましょう。特にゲートバーが開かない場合、こちらがそれに気付いて急停車、後続の車両が追突してくるケースも見られます。

ドライバー全員が十分な車間距離をとるように意識するだけでも事故の予防になります。またETCレーンには路面上に車両を誘導するラインが引かれています。このライン上を走行しないとゲートバーが開かないなど、思わぬトラブルが起きる可能性がありますのでこの点にも注意が必要です。

そしてもっとも大事なことが時速20キロ以下で徐行することです。徐行していないとゲートバーが開かないといったトラブル発生時に安全を確保することが難しくなります。ETCレーン通過時はゆっくり走り十分に安全を確認することを徹底しましょう。

ゲートバーが開かない時はどうする?

では、ゲートバーが開かない時にどうするかを説明していきます。四輪車の場合、万が一ゲートバーが開かない時は一旦停止するのが基本ですが、バイクの場合は停止するのは厳禁です。

追突などの可能性を考えると停止する方がかえって危険が大きくなりますので、そのまま徐行した状態で安全を十分に確認し、ゲートバーを避けてそのままレーンから出ます。

ゲートバーが開かないということは料金の精算が正しくできていないわけですが、安全を考慮してそのまま出てしまってかまいません。入口でゲートバーが開かない場合は出口でそのことを係員に伝えて料金を現金で支払います。

出口でゲートバーが開かない場合はバイクを駐車できる場所まで走行し、そこで一旦バイクを止め、各高速道路会社に電話などで連絡をしましょう。いずれにしてもゲートバーが開かなくても慌てず、そのまま避けて走行を続けてください。

違法取り付けが原因のことも

料金所でゲートバーが開かない場合、その原因として最も多いのがETCカードの取り付け忘れや有効期限切れになっているケースです。またETCカードが完全に車載器に挿入されていないケースも多く、いずれにしてもちょっとしたミスや勘違いで起きることの多いトラブルです。

ただし違法なETCの取り付けが原因になっている可能性もあり、特にバイクはこの違法取り付けに十分注意しなければいけません。バイクのETCは車と違い、自分で取り付けやセットアップを行えません。

行えないのは技術的な話ではなく、セットアップ店という認定を受けたお店でした取り付けやセットアップを認めていません。そのため知識があれば自分で取り付けることも可能ではありますが、これは違法行為に該当します。

また自分で取り付けをすることで何かミスがあってETCが正常に動作しない可能性もあり、これが原因でゲートバーが開かないこともあるわけです。ETCの取り付けは安全のためにも専門店に任せましょう。

まとめ

ゲートバーが開かない時はとにかく慌てずに安全を確保し、その後に料金を支払うこと。そしてETCの取り付けは自分では行わず専門店のスタッフにお願いすることの2点が重要です。そうすればトラブルの可能性も最小限に抑えられ、安全に高速道路を利用できます。

おすすめ!バイク用のETCカード