バイク用のETC車載器を自分で取り付けし、セットアップを済ませることはできるのでしょうか。お店に頼む方法もありますが、できれば自分でしたい方もいますし、取り付けやセットアップは個人でも可能かを考えてみましょう。取り付けもセットアップもETCを利用するなら必ず必要な作業なので、重要な部分となります。

取り付けは一部のお店でしかできない

車の場合、ETC車載器を購入したら自分で取り付けることが可能になっています。それならばバイクも同じだろうと考えてしまうものですが、実は違います。

バイクの場合、車と違ってETC車載器の取り付けはセットアップ店という、認定を受けた一部のお店でしかできないようになっているからです。つまりETC車載器本体を購入し、その取り付けを自分で行うことはできません。

お店に頼むとお金がかかってしまう作業ですから、自分で取り付ける技術や知識を持っている方にとっては非常に不便ですが仕方ありません。

バイク用のETC車載器を購入した時は購入したお店でそのまま取り付けも依頼する、またネット通販などで購入した時もお店に持っていって取り付けてもらうようにしましょう。

バイクを販売しているお店であっても、セットアップ店でなければ取り付けはできませんのでその点も注意が必要です。非常に面倒ですが、バイク用のETC車載器を購入した時は近くのセットアップ店を探し、そこに取り付けを依頼するのは基本です。

セットアップも自分ではできない

ETC車載器の取り付けと同様に、セットアップ作業に関しても自分ではできず、セットアップ店に依頼することになります。要はバイクの場合、ETC車載器の設置はすべてセットアップ店に任せなければいけません。

そもそも、バイクのETC車載器は取り付けをセットアップ店でしかできないため、ETC車載器本体を購入だけして取り付けやセットアップはお願いしないことができません。ETC車載器の購入と取り付け、セットアップはすべてセットになっている形です。

もちろん取り付けだけを頼んでセットアップは自分でやることもできませんし、取り付けを自分でやってセットアップはお店にやってもらうことも不可能です。こうしたことを頼んでもお店に断られてしまいます。

車でETCを使用する場合とは規則が大きく変わっていますので、十分に注意してください。この点を把握しておかないとせっかくETC車載器を購入したのに取り付けやセットアップを断られてしまうケースも出てきます。

取り付けとセットアップはセットアップ店に頼む

バイクの場合、ETC車載器の取り付けやセットアップは安全性の観点などから、車よりも厳しい規則が設けられています。その結果、自分で取り付けをしたりセットアップをすることができなくなっているわけです。

車なら自分でも取り付けできますから、バイクだけ扱いが違うのはとても不便ですが、決められていることなのでどうしようもありません。セットアップ店であればしっかりとした技術と知識を持ったスタッフが対応してくれて、その点は安心感もあってメリットではあります。

ETC車載器を購入したら取り付けもセットアップもすべてセットアップ店にやってもらうものだと考えましょう。余計な出費になってしまいますが、ETCを利用することで高速道路の利用料金が安くなったりしますので、その分で出費分をカバーすることも可能です。

まとめ

バイクは車と違い、ETCの扱いについても特殊な対応になっています。自分で取り付けやセットアップを済ませようとせず、ETCを購入したら必ずセットアップ店の認定を受けたお店で必要な作業を行ってもらいましょう。

バイク用おすすめETCカード!