バイクにETCを取り付けるメリットは何があるのか?その利点と必要性を把握できれば自分にとってETCが必要なものかを判断できるようになります。高速道路での料金の支払いが楽になり、より快適になるETCのメリットについてしっかり理解しておきましょう。

料金所での面倒がなくなる

バイクにETCを取り付ける最大のメリットはやはり料金所を簡単に通過できるようになる点です。通常、料金所を通過するためにはバイクを一度止め、財布からお金を取り出し、料金を支払うことになります。

簡単なことに思えますが、意外と時間がかかって面倒です。特にバイクは車と違いますから、雨の日にこうした作業をしなければならないのは非常に大変で、時間もかかってしまいます。

ですが、ETCさえ取り付けていればバイクを止める必要もなく、料金所を通過するだけで自動的に支払いが完了します。中には料金分をあらかじめ別に用意しておいてスムーズに支払えるようにする方もいますが、ETCならそんな手間もかからなくなります。

料金所では後ろにもたくさんの車やバイクが並んでいますから、どうしても焦ってしまいますが、そんな心配もなくなり非常に便利なアイテムです。

お得な割引も

ETCを取り付けることで料金に割引が適用されるケースも増えています。例えば休日だと料金が安くなる休日割引を始め、特定の時間帯のみ割引が適用される深夜割引や早朝割引が代表的です。

深夜割引や早朝割引のお得な割引を適用するためには条件があり、割引の条件は、ETCが取り付けられていることです。

条件はETCを取り付けられていることだけですので、ETCさえあればそれだけで高速道路の料金を節約できます。ETCをさらに普及させたいという高速道路会社の思惑もあり、私達利用者にとってもメリットが生まれた形です。

頻繁に高速道路を利用する方ほど割引の影響は大きくなっていきますので、少しでもお金を無駄にしないためにもETCを活用することが大切です。どんな割引があるか?割引が適用される車種は?各高速道路会社で多少の違いがありますので事前にチェックしておく必要があります。

これもETCのメリットであることは間違いありません。スムーズな通過ができるだけでなく、支払い負担も減らせます。

スマートインターチェンジを利用できる

スマートインターチェンジとは、ETCを取り付けた車やバイクだけが利用できる専用のインターチェンジのことです。高速道路では各所にインターチェンジが設置されており、そこから自由に高速道路を乗り降りできるわけですが、近年ではスマートインターチェンジの数が増加しています。

スマートインターチェンジを利用できると何が変わるのか、それはより目的地の近くで高速道路を降りられる、サービスエリアやパーキングエリアが使いやすくなる部分です。

スマートインターチェンジが増えたことでより多くのポイントで高速道路を降りられるようになりました。結果として目的地にもっとも近いスマートインターチェンジを利用すれば時間の短縮が可能になりました。

またスマートインターチェンジしか設置されていない場合、当然ですがETCを取り付けていないと利用できませんから、これは大きなメリットです。サービスエリアやパーキングエリアに直結したタイプのスマートインターチェンジも増えていて、今まで以上に手軽に各種施設を利用できるようになっています。

まとめ

このように、ETCをバイクに取り付けるだけでさまざまなメリットが生まれます。経済的にもお得ですし、時間の節約にもなり、なによりも快適さが違います。時間やお金を無駄にしないためにもETCが必要です。

バイク用のおすすめETCカードランキング