バイク用ETCは車と比べると普及率が低いです。その理由の大半はバイクの高速道路通行料と、ETC車載器や取り付けにかかる費用が高いためです。具体的にどの程度の値段なのか確認してみました。

ETC車載器と取り付け(セットアップ)

ETCを利用するためにはバイクも4輪と同じくETC車載器を取り付けなければなりません。ETCを利用するためには下記の通り費用が必要です。

  • ETC車載器本体 30,000円
  • ETC車載器の取り付け 15,000円
  • ETCセットアップ(ETCカードの動作確認) 3,000円

ご紹介したのは大体の金額ですが合計すると48,000円になります。車載器本体を購入して使えるようにするためには4万円~5万円程度の出費になります。

バイクの高速道路通行料金

現在バイクの通行料は軽自動車と同じ料金になっています。※前はもっと高かった。バイクはETCを取り付けても通行料が高いから意味がないと思い込んでいる方は多いですが、そんなことはありません。

道路によって通行料は変わりますので割愛しますが、最大で半額近くも通行料が安くなります。

まとめ

バイクにETCを導入するのは損という考え方は、バイクの通行料が高かった時代の話です。軽自動車と同じ料金になってからはETCを導入しない理由がなくなりました。4万円、5万円の出費を大きいと捉えるか、将来を見越せば割安と捉えるかはあなたがどの程度の頻度で高速道路を利用するかで変わってきます。

バイク用でおすすめ出来るETCカード