バイクを買い替えた際に、ETCの再セットアップが必要になります。ですがETCを利用し始めてから初めての買い替えの場合、その方法がわからずに困る方もたくさんいます。バイクのETCを再セットアップするにはどんな方法があるのか、必ず必要な作業になりますからしっかり抑えておきましょう。

再セットアップとは?

そもそもETCの再セットアップとはいったいどんな作業なのでしょうか。普段は気にする必要のない部分のため、疑問に感じる方も多いでしょう。再セットアップとはつまり、新しいバイクでもETCを正常に使えるための設定のことを指しています。

ETCには取り付けたバイクのナンバーなどの特定の情報が記録されており、それをアンテナで送信することで高速道路の料金所での料金の精算を自動化しています。バイクを買い替えたにも関わらず再セットアップをしていないと、正しい情報を送ることができなくなり、これがトラブルの原因になるわけです。

より厳密に言うと、ナンバープレートが変更になった場合、ETCが取り付けたられた車両をけん引できる構造に改造した場合、ETCを他の車両に付け替えるなど情報に変化が生じた場合に再セットアップをしなければならないと規約で定められています。

バイクの買い替えではナンバープレートが変更になったり、他の車両に付け替えることになり、この規約に該当し、再セットアップの必要が出てきます。

再セットアップの方法について

ではバイクを買い替えた場合のETCの再セットアップ方法について紹介します。ETCの再セットアップはセットアップ店という認定を受けた特定の店でしか行えないようになっています。

たとえばバイクを購入したお店がセットアップ店の場合、そこでそのまま再セットアップ作業もしてもらう形になっています。自分で再セットアップをしてETCを使用することは認められていませんので、セットアップ店でやってもらうとだけ覚えておけば、実際の作業はお店のスタッフがやってくれるので問題ありません。

再セットアップにも料金が発生しますので、自分で再セットアップして料金を浮かすことができないのは残念なことですが、規約で定められている以上これに従うしかありません。

バイクを買い替えるなどして再セットアップの必要が生じた時は、近くのセットアップ店を探す、もしくはバイクを購入した店がセットアップ店かどうかをチェックしておきましょう。この点をチェックしておけばスムーズにETCの付け替えも済ませられます。

取り付けに関する注意

再セットアップは特定のお店でしかできないのはわかりました。ですがもう1つ注意点があり、それが取り付け作業です。従来のETCをそのまま継続して使用する場合はもちろん、新しいETCを購入した場合も、再セットアップの前に取り付けだけ自分でやってしまおうと考える方は少なくありません。

ですがこれが落とし穴でバイクのETCは自分で取り付けることも認められていません。再セットアップと同じで、セットアップ店でしかできない作業になっています。つまり取り付けは自分でやって、再セットアップだけを頼むこともできない形です。

バイクを買い替えた時はETCの取り付けから再セットアップまで、必要な作業はすべてセットアップ店でやってもらうものだと覚えておきましょう。すでにバイクにETCを取り付けた状態でセットアップ店に持っていき、再セットアップだけを頼んでも断られてしまいます。

まとめ

バイクの場合、ETCの取り付けから再セットアップまですべて専門家にお願いすることになります。バイクの買い替え時はこの点に注意しないとせっかくの作業が無駄になってしまったり、作業を断られてしまう可能性が出てきます。

バイク用ETC特集!おすすめETCカードランキング