バイクにETCを取り付けたいが見た目がダサくて嫌だという方は意外に多くいます。たしかにETCを取り付けることで、ダサい見た目になってしまうことは多いですが、そんな方には分離型ETC車載器がおすすめです。これなら見た目の問題も気にせずにETCを活用できるようになります。

一体型と分離型

ETCには一体型と呼ばれるタイプと、分離型と呼ばれるタイプの2種類が存在します。どちらもETCとしての機能は同じですが、その見た目が大きく違ってきます。一体型はETCカードを挿入する本体部分とアンテナ部分が文字通り一体となっていて、どうしてもサイズが大きくなってしまいます。

一方で分離型は本体部分とアンテナ部分が分離されており、それぞれを違う場所に取り付けられるようになっています。たとえば本体部分は目立たないところに取り付けて、アンテナ部分はハンドル近くに取り付けるといった具合です。

どちらもETCとしての機能は同じですから性能的な違いはほとんどないのですが、利便性や見た目という部分で大きな差が生まれる形です。バイクにETCを取り付ける時は、まず一体型と分離型どちらにするかどちらが自分に向いているのかを考えるようにしましょう。

分離型なら見た目も良い

上記で紹介したように、分離型はカードを挿入部分である本体とアンテナがそれぞれ独立していて分離させられます。バイクに大きなETCを取り付ける必要がなくなり、見た目にも影響が少ないです。これが分離型の最大のメリットです。せっかく好きで購入したかっこいいバイクに、ダサいETCを取り付けるのは誰でも嫌なものです。

ETCに色々なメリットがあるのはわかっていても、ダサいのが嫌で取り付けを躊躇するのは自然なことです。常に高速道路を走るわけでもなく、一般道も走行するわけですから、そんな中ででかでかと一体型ETCが取り付けられているのはデメリットでさえあります。

しかし分離型ならそうした見た目の問題をしっかり解消することができ、ETCのメリットを最大限に活かせます。ETCを取り付けるだけで高速道路の料金が割引されたり、スムーズに通過できたりと便利になりますので、分離型ETCを上手に活用していきましょう。

セキュリティ面にも優れている

実は分離型にはもう1つのメリットとして、セキュリティ面の強化が挙げられます。なぜセキュリティ面で優れているのか、それはやはり本体部分とアンテナ部分が分離されていることに理由が隠されています。

一体型のETCの場合はバイクの車体部分に取り付けることになります。当然カードも自由に抜き差しができるため、盗難防止のためにバイクを離れる時は必ずETCカードを抜いて持ち歩かないといけません。これが意外に面倒な作業で、抜いたまま挿し忘れてそのままETCに入ってしまうなんてことも考えられます。

一方で分離型の場合、本体部分とアンテナ部分を別々に取り付けられるため、本体部分は鍵をかけられる場所に取り付け、カードをいちいち抜き差ししないでも大丈夫なようにできます。するとバイクを降りる度にカードを抜いておく必要がなくなり、結果としてカードの入れ忘れも防止できます。

十分な盗難対策ができていることが前提ではありますが、利便性の向上にも役立ってくれます。特に近年では一体型と分離型の値段の差もそれほどなくなり、分離型を購入しやすくなっています。見た目やセキュリティ面を考慮するなら分離型が優れているわけです。

まとめ

ETCの取り付けを見た目がダサいからという理由で避けていた方も、分離型ETCを使えば見た目を気にせずにETCを利用できるようになるでしょう。バイクドライバーにとっては非常に助かるETCですので、上手に活用して今まで以上に高速道路を使いやすいようにしましょう。

バイク用でおすすめのETCカード